たかはしかおる

【パニック障害が得意分野です】
「あきらめないで!!」

出身地

神奈川県

趣味

釣り

数独パズル

音楽を聴く

得意分野

経歴

看護専門学校を卒業後、2年弱 大学病院 個人医院に勤務。

2018年 小園麻貴氏のカウンセリングを3回受ける。
小園麻貴氏主催のカウンセラー養成講座を2度受講。

わたしだけは無理」と思っていたし、言っていたわたしだからこそ
あなたも今からでも大丈夫!」と伝えたいと思い、
現在 心理カウンセラーとして活動しています。

プロフィール

そのままのあなたで大丈夫♡
癒やしのカウンセラー たかはしかおるです。

神奈川県出身 1969年生まれ
27歳 19歳の娘の母をしています。

わたしが26歳 娘が1歳の時 突然パニック発作を起こしました。
心療内科で、パニック障害と診断され、薬を飲みながらカウンセリングを受けました。

買い物も散歩も娘を公園に連れて行くこともすべてが命がけでした。

つらくて、苦しいのに、家族 妹 1人の友人以外には、
パニック障害だとは言えず、1人で抱え込みました。
全てはこころの弱いわたしのせいと責めました

少し良くなっては、何かを(小学校の役員など)頑張ると発作をおこし、
行動範囲はどんどん狭くなりました。

一生このままなんだろうと半ばあきらめていたわたしですが、
2018年(49歳 パニック障害歴20年以上)カウンセリングを受けて、
初めてわたしはポンコツだけど、そのままで良かったんだと感じることができ、
生まれて初めてほっと肩の力が抜けました。

わたしは1人じゃないんだ。
分かってくれる人がいる。
もう頑張らなくてもいいんだ。
不安感より安心感が増えていきました。

あの頃のわたしのように1人でパニック障害を抱え込んでいる方々に1人ではないよ。
あなたも「大丈夫♡」と伝えています。

メッセージ

パニック障害歴は20年以上。

発作の恐怖で、引きこもり状態、何をどうしたらいいのか、分かりませんでした。

パニック障害は「心の弱い人のなる恥ずかしい病気」だと捉えて、

家族以外の人には隠し続けました。

誰にも理解されないあの不快な感覚、あのわけの分からない不安感、恐怖。

一人で抱えて、一人で泣いてきました。

でも、カウンセラーさんが分かってくれました。


そこから世界が少しずつ広がっていきました。

長い間パニック障害を引きずってきたわたしは、

カウンセリングを受けながらも

「わたしだけは無理です、変わりません」とカウンセラーさんに言い続けていましたが、

こうして今豊かに自分らしく自分のままで安心して生きています。

大丈夫です。一寸先は光です

お会いできる日をお待ちしています。

お申し込み先

以下のカウンセラーのサイトよりお申込みください。

リンク

前の記事

大坂優子

次の記事

伊東舞衣子